主な電子書籍ストアの評判と比較

電子書籍はデータでの販売となっていますので、紙媒体の書籍と比較すると場所を取らないメリットがあります。

エコに繋がるなどで注目がされてからは、各社ともに電子サイトを販売するストアを作っていますので、どのサイトを選んで良いのか解らない人も多いでしょう。

そんな方は色々な評判を確認するのがお勧めです。

 

電子書籍といえばAmazon

先ず電子書籍と言えば、Amazonが販売するKindleをイメージする人が多いかもしれませんね。

そのくらい知名度の高いKindleはAmazonが運営している電子書籍ストアである、Kindleストアでの利用がメインとなります。

Kindleストア

ただ元々が日本のメーカーではないので他の電子書籍ストアと比較すると、まだまだ数が揃っていないと考えて良いでしょう。

使いやすさでは高評価ですが、電子書籍の品揃えが整ってくるとさらに評価は高まるでしょう。

ポイント還元や半額販売がお得なソニーの電子書籍ストア

ソニーが運営する電子書籍ストアがReaderstoreです。

Readerstore

Readerstoreで購入した電子書籍は専用のリーダーとなるAndroid端末やPlayStation Vitaなどで読むことが可能となります。

ポイント還元や半額での販売などを行っていることから、他の国内電子書籍ストアよりも品揃えは少ないですが、お得度が高いストアだと言えます。

国内最大級のレンタルストア

国内でも最大級を誇っている電子書籍の販売サイトが電子貸本Renta!ですね。

電子貸本Renta!

他のストアと異なる点は、その名の通りにレンタル形式の販売スタイルをとっているところです。

48時間か無期限のレンタル期間を選んで購入することになります。

基本的にレンタルと言うことになり、データを端末本体にダウンロードするのではなく、オンライン上でストリーミングとして楽しむスタイルです。

つまり、専用のアプリをインストールする必要がなく、ウェブサイト上で操作が完結します。

レンタル期間が過ぎると自動的に返却されるすので、延滞料金が発生することがないのは嬉しいポイントですね。

また、レンタル形式は他のストアよりも価格がリーズナブルであるというメリットがあります。