スマートフォンで読む電子書籍のメリットとデメリット

電子書籍を読むには端末器機が必要ですが、代表的なものとしてはタブレット端末やパソコン、電子書籍リーダー、スマートフォンになります。

この中で、最も多くの人が持っているのはスマートフォンといえるでしょう。

スマートフォンで電子書籍を読むメリット

近年、電子書籍が注目されており、多くの会社が電子書籍を販売していますし、電子書籍に対応した端末器機も多く販売されています。

その中でスマートフォンを選択するメリットとしては、既にスマートフォンを持っている人であれば、別の端末器機を購入する必要がないということですね。

スマートフォン1つあれば、電子書籍を購入して閲覧することが手軽に出来ますし、ふだんから持ち歩く物ですので、ふとした時に読むことが出来ます。

通勤や通学の途中、昼食を摂りながらなど様々なシーンで電子書籍を読めるのは大きなメリットです。

基本的に各電子書籍ストアのアプリをインストールするだけで、小説やマンガを始めとした多種多様なジャンルの書籍にアクセスすることが可能です。

また、通信回線も既にあるので、こちらも別途用意する必要がないのも嬉しいですね。

 

考えられるデメリットは?

反面、デメリットとしてタブレット端末やパソコンなどと比較すると、画面が小さいという点が挙げられます。

当然ですが画面が小さいと視認性が悪くなってしまい、いちいち文字を拡大縮小して読み進めていくということになります。

また雑誌やカラー書籍などは対応不可となっていることも多くありますし、長時間の読書をしていると液晶画面のバックライトによって目が疲れるということもあるので、注意しましょう。

基本的にスマートフォンは気軽に利用できるものですが、長時間読書する人や活字の多いものを好んで読むという人であれば、利便性を考えるとタブレット端末や専用の電子書籍リーダーを購入した方が良いかもしれません。

逆を言いますと、ライトな電子書籍ユーザーであれば、スマートフォンでも充分電子書籍の読書をすることが可能です。